イタリア共和国 (1802年-1805年)

イタリア共和国()は、19世紀初頭(ナポレオン戦争期)のイタリア北部に短期間存在したフランスの衛星国。1802年1月、チザルピーナ共和国がナポレオン・ボナパルトを大統領として移行。大統領府はミラノに置かれた。1805年にイタリア王国へ移行した。沿革チザルピーナ共和国の代表がナポレオン・ボナパルトを大統領として1802年1月26日に移行宣言した国である。副大統領にはミラノ貴族のが任命された。1803年9月、イタリア共和国はカトリックを国教としたうえで信教の自由を認め、司教の任命権を国家が有するという内容の政教協約をローマ教皇と結んだ。地方行政制度にかんしては、1802年7月の法令でフランス同様、県・郡・コムーネに行政区分する措置がとられた。また、1802年8月には徴兵制が定められた。ナポレオンは1804年にフランス皇帝戴冠、そして1805年5月26日にミラノのドゥオーモにてイタリア王の戴冠を行い、イタリア共和国は廃止されイタリア王国へと改組された。関連項目 ナポレオン・ボナパルト ジョアシャン・ミュラ フランス第一帝政 ナポレオン戦争 イタリア戦争 スバルピーナ共和国 チスパダーナ共和国 トランスパダーナ共和国 チザルピーナ共和国 ロマーナ共和国 ナポレターナ共和国 ナポリ王国 シチリア王国 サルデーニャ王国 イタリア王国 (1805年-1814年) 統一以前のイタリアの国 ウィーン会議

Indirizzo

Piazza Del Quirinale, 1
Milan
00187

Notifiche

Lasciando la tua email puoi essere il primo a sapere quando イタリア共和国 (1802年-1805年) pubblica notizie e promozioni. Il tuo indirizzo email non verrà utilizzato per nessun altro scopo e potrai annullare l'iscrizione in qualsiasi momento.

Contatta L'azienda

Invia un messaggio a イタリア共和国 (1802年-1805年):

Digitare

Alberghi nelle vicinanze


Altro Hotel Milan

Vedi Tutte